返済中に過払い金請求したい人必見!ブラックリストに載らない方法とデメリット・メリット

返済中に過払い金請求したい人必見!ブラックリストに載らない方法とデメリット・メリット

現在、借金を返済中の方の過払い金請求の疑問で一番多いのが「返済中でも過払い金請求できるのか?」です。返済中であっても、違法な高い利息を支払っていれば過払い金が発生しています。返済中の借金を過払い金請求することで、残っていた借金がなくなったり減ったりするメリットがあります。

しかし、返済中の過払い金請求にはいくつか注意するデメリットがあります。その中の一つに「ブラックリストにのってしまう可能性」があることです。

ブラックリストにのらずに過払い金請求をする方法はあるので、その他のデメリットと合わせて説明いたします。
メリットとデメリットを理解して自分にあった過払い金請求手続きをしましょう。

今すぐ無料相談する!

返済中の借金も過払い金請求の対象です

過払い金請求は払いすぎた利息で、返済中でも過払い金請求をすることができます。過払い金とは消費者金融やクレジットカード会社へ払いすぎた利息のことです。2010年の貸金業法の改正まで貸金業者が守る法律の上限金利は2つありました。1つは利息制限法で、もう1つは出資法です。利息制限法の上限金利は、元金が10万円未満の場合は20%、元金が10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%でした。一方で、出資法の上限金利は29%で利息制限法の上限金利を越えて貸付けをしても特に罰則はなかったので、多くの貸金業者は出資法の上限を越えない金利で貸し付けをしていました。

しかし、2006年に最高裁で「利息制限法以上の金利は無効である」という判決が下りて利息制限法を越えて支払った過払い金を取り戻すことが認められ、2010年6月17日には貸金業法が改正され出資法の上限金利は20%になりました。

この過去に払いすぎた利息を取り戻すことを「過払い金請求」といいますが、過払い金請求ができるのは2010年の出資法の上限金利が20%に引き下げられる前に利息制限法(15%~20%)以上の金利で利用していた方です。また、過払い金請求ができるのは借金を完済した方だけではなく、返済中の方でも過払い金請求ができます。借金を返済中の方が過払い金請求をする場合には、発生した過払い金は借金の残高に充当されるので、過払い金で借金を完済したり減額することができます。

2010年よりも前に契約した方でも住宅ローンや自動車ローン、奨学金などは金利が低いため過払い金請求の対象にはなりません。また、むかし借りていた貸金業者が倒産している場合も過払い金請求ができません。なぜなら、倒産手続きの際に倒産会社の財産を債権者全員に平同に分配しないといけないので、過払い金の調査をして過払い金が発生している人には既に配当されています(大手の武富士が倒産した時の配当は約3%でしたが、会社の規模によっては配当がない場合もあります)。過払い金の調査をした結果、借金が残る場合には債権譲渡して譲渡した会社へ支払いすることになります。

過払い金請求をしたいけど躊躇されている方の多くは、貸金業者に恨まれて嫌がらせされるのではと心配されています。しかし、過払い金請求をしても貸金業者から嫌がらせを受けることはありませんので安心してください。法律の専門家である司法書士や弁護士に依頼すれば、あなたの代わりに代理人として貸金業者とのやり取りを全てしてもらうこともできます。

過払い金請求には期限があり、時効が成立したり貸金業者が倒産した場合は過払い金を取り戻すことができなくなります。過払い金請求の期限をむかえる前に、まずは自分には過払い金が発生しているのか無料相談を受けられることをおすすめします。

返済中の借金の過払い金計算方法

過払い金請求をするには、まず自分にどのくらい過払い金が発生しているか知ることが必要です。過払い金の金額を知る方法は、貸金業者から取引履歴を取り寄せて返済や借入を利息制限法での取引に計算し直します。この計算を引き直し計算といい、引き直し計算は自分でもできますし、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

取引履歴を取り寄せるときの注意点

自分で取引履歴を取り寄せる場合は貸金業者に電話をして取引履歴の開示方法を聞くと教えてくれますが、ここで注意しなければならいことが一つあります。

完済している場合は問題ないのですが、返済中の場合で取引履歴を取り寄せると、担当者から過払い状態であると伝えられて過払い金の返還額の提示があったり、送られてきた取引履歴や同封の書類の中に既に過払い状態であることが記載されていたりします。

一般的に貸金業者から言ってくる返還額の提示額は、こちらから過払い金返還請求をした場合の提示額と比べるとかなり低い金額です。ここで、貸金業者の言いなりになって提示金額に承諾してしまうと、もうその低い金額でしか過払い金を取り戻すことができなくなります

また貸金業者から過払い状態あると伝えられた後に支払いをすると、「債務がないことを知りながら任意で支払ったものだから返還義務はない」と過払い金返還請求を拒否される可能性があります。そのため、取引履歴の開示手続きをする際には「過払い金請求をする」と言うことは避けた方が良いでしょう。

取引履歴が届いたら

取引履歴が届いたら引き直し計算をします。自分で引き直し計算する場合には、エクセルが使えるパソコンとインターネットからダウントードした利息計算ソフトを用意します。

check

  • 外山式 利息計算ソフト
    http://www.adlitem.or.jp/software/
  • 利息計算ソフト(名古屋消費者信用問題研究会)
    http://www.kabarai.net/

引き直し計算は間違えると戻ってくる過払い金が減ってしまう可能性があるので慎重におこなう必要があります。貸金業者によってはリボ払い・一括払いで計算を分ける必要があったりと非常に複雑です。引き直し計算に自信がない場合は、無料で計算してくれる事務所もありますので専門家である司法書士や弁護士へ依頼するのが良いでしょう。

引き直し計算についてもっと詳しくチェック

請求前にチェック!過払い金の目安を知る計算方法

返済中の借金の過払い金請求をするメリット・デメリット

返済中の借金の過払い金請求をするメリット

借金の返済中に過払い金請求をすると、借金を減額することができたり、借金が完済できてさらに手元に過払い金が戻ってくる可能性があります。なぜかといいますと、発生している過払い金は借金の残高に充当されるからです。過払い金が発生している分だけ借金の残高は減りますし、過払い金の金額が借金の残高よりも大きい場合には、借金は完済となり残った過払い金は戻ってくる仕組みになっています。

返済中の借金の過払い金請求をするデメリット

借金を返済中の過払い金請求は、過払い金で借金を完済できた場合や過払い金請求をする貸金業者の契約状況によってデメリットが違います。借金を返済中の過払い金請求のデメリットは大きく分けて3つありますので、それぞれ詳しくご紹介します。

返還される過払い金で借金を完済できた場合

借金を返済に過払い金請求をして発生した過払い金で完済できたとしても、過払い金請求をした貸金業者で新たにカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなると思っていただいた方が良いでしょう。絶対、過払い金請求をした会社のカードが作れないか?といいますと、そうではありません。

カード会社によっては、一定の期間を越えると再度借り入れができたり、新たに申し込みをして審査をすれば再度カードが作れたりするところもあるようなので、どうしても過払い金請求をした先でカードを作りたい場合は解決後にカード会社へ確認されると良いでしょう。

しかし、近年、貸金業者同士の合併が増えています。そのため、別会社と認識していた貸金業者がいつの間にか同じ会社になっていて、カードの申し込みをしたら審査がとおらなかったということもありますので注意が必要です。

過払い金請求先以外の会社であればカードの利用は可能です。過払い金請求が原因でカードが作れないということもありません。

また、保証人付きのローンの場合でも過払い金で借金を完済することができたなら保証人に迷惑をかけることはありません。なぜならば、過払い金で借金を完済することができた時点で、保証人は債務を保証する義務が消滅するからです。

返還される過払い金で借金を完済できなかった場合

借金を返済中で過払い金請求をする場合、発生している過払い金は借金の残高に充当されます。もしも過払い金で借金が完済できなかった場合どうなるかと言いますと、残った借金を債務整理することになります。

債務整理とは、借金を減額したりゼロにすることで借金生活から解放されるための法的な手続きです。

債務整理には4種類の方法があります。

  • 任意整理・・・債権者と任意で交渉して借金の残高や将来的にかかる利息を減額する
  • 特定調停・・・裁判所に仲裁してもらって借金の残高や将来的にかかる利息を減額する
  • 個人再生・・・裁判所に申し立てをして住宅ローン以外の借金を1/5に圧縮
  • 自己破産・・・裁判所に申し立てをして借金をゼロにする

引き直し計算後に、残った債務の金額や生活状況によって上記4つのうち、どの解決方法が最適か選んで手続きをすることになります。

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されます、これを一般的に「ブラックリストにのる」といっています。ブラックリストにのるとどうなるかと言いますと、ブラックリストは加盟している会社で情報を共有することができるので手続きをした貸金業者でカードを作ったりローンを組んだりできなくなるとともに、他の業者も利用できなくなります。

また、保証人がついているローンの場合は、保証人にも影響があります。最悪の場合、保証人が借金の肩代わりをしたり、保証人も債務整理をしなければならない可能性も出てきますので、保証人付きのローンを過払い金請求する場合は注意が必要です。

ブラックリストとは

ブラックリストとは実際には存在しません。カードを作ったりローンを組む際に名前や住所、生年月日や勤務先などの個人情報が信用情報機関に登録されます。支払いを延滞したり、債務整理や自己破産すると信用情報機関に事故情報(異動情報や延滞情報)が登録された信用情報のことを一般的にブラックリストと呼んでいます。

信用情報機関は3種類あります。

  • 日本信用情報機構(JICC)・・・消費者金融系の信用情報機関
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)・・・主に、信販会社・クレジットカード会社系が加盟していますが、銀行系金融機関や消費者金融も数多く加盟している
  • 全国銀行個人信用情報センター・・・銀行や銀行系クレジットカード会社、信用保証協会、農協などが加盟している

それぞれの信用情報機関に加盟している貸金業者同士で情報を共有しています。そのため、借金を返済中に過払い金請求をしようとして債務が残ってしまった場合には、ブラックリストに事故情報がのってしまいますので過払い金請求先以外の貸金業者にも情報が共有されます。

ブラックリストの情報が共有されるとどうなるかといいますと、過払い金請求先以外のカードも使えなくなるし、新たなクレジットカードやローンの審査も通りにくくなります。

ブラックリストについてもっと詳しくチェック

請求前にチェック!過払い金の目安を知る計算方法

返済中の過払い金請求で注意すべきポイント

クレジットカードの過払い金請求をする場合はショッピング枠の残高にも注意が必要です。ショッピングの利用は、法律的には借金ではなく「立替金」という扱いになるのでキャッシングとは別の法律が適用されています。そのため、ショッピング枠の利用では過払い金は発生しません

ショッピング枠の借入残高がある場合は、キャッシング枠の利用で過払い金が発生するとショッピングの借入残高と相殺されます。過払い金がショッピングの借入残高を上回っていれば問題はないのですが、下回っているとブラックリストに事故情報がのってしまいます

ブラックリストに事故情報がのると過払い金の請求先以外の他のカード会社の利用もできなくなったり、新たにローンを組んだりカードを作ったりするときに審査が通りにくくなります。

また、近年グループ会社同士の合併が増えています。そのため、別会社だと思っていたら知らないうちに合併していて、いつの間にか債務整理の手続きをすることになってしまったということがありますので注意が必要です。

過払い金請求先でETCカードを作って利用している場合は、ETCカードも利用が止まってしまいますし、電気・水道などの光熱費をカード決済している場合も利用が止まってしまいますので、過払い金請求をする前に他社のカードに切り替える必要があります。

借金を返済中で過払い金請求をしたいけどブラックリストに事故情報がのると困るという方は、事前に過払い金でキャッシングの残高やショッピングの残高が完済できるか把握したり、借入している貸金業者の状況を把握する必要があります。個人で過払い金の引き直し計算をしたり、貸金業者の状況を調べたりすることは難しいので、専門家である司法書士や弁護士の無料相談を受けられると良いでしょう。

返済中でも過払い金請求するべきか

返済中でも過払い金請求をするべきか悩んでいる方は、まずは、貸金業者から取引履歴を取り寄せて調査をされることおすすめします。手元に届いた取引履歴をもとに引き直し計算をして過払い金が発生しているなら手続きをした方が良いでしょう。ただし、過払い金が発生していても残債務が0円にならない場合はブラックリストに事故情報がのるので注意が必要です。

現在、返済が少しでも苦しいと思っている方はブラックリストに事故情報がのってでも過払い金請求の手続きをされることおすすめします。過払い金が発生していると借金の減額ができますし、過払い金が発生しなかったとしても将来的にかかる利息を減額することや毎月の返済額を減額することができます。

ブラックリストに事故情報がのってしまい、カードの利用が止まったり新たにローンが組めなくなってしまうことを恐れていては問題解決にはなりません。カードの利用ができることにより更に借金が膨らんでしまう可能性がありますのでブラックリストにのってカードの利用が止められることは借金生活から抜け出す一歩となります。

現在、返済が滞っている方や次の支払日の返済が難しい方は、司法書士や弁護士に依頼することで取り立てが止まりますので生活を立て直すこともできます。

返済中でも過払い金請求はできますので、まずは無料相談を受けられて過払い金請求をするべきか相談されることをおすすめします。専門家である司法書士や弁護士があなたにとって最適な方法を提案してくれるでしょう。

返済中の他の借金に与える影響

借金を返済中に過払い金請求をしてブラックリストに事故情報がのってしまっても、今組んでいるローンの一括返済を求められたり裁判を起こされたりという影響はありません。手続きをしなかったカードも当面の間は利用ができるでしょう。しかし、貸金業者は定期的にブラックリストの最新の情報を確認しています。ブラックリストの事故情報を発見した場合、債務整理をしていなくてもカードの利用を停止したりクレジットカードの更新ができなかったりする可能性があります。

しかし、過払い金の発生金額が借金の残高を上回っていて過払い金で借金を完済することができればブラックリストにはのりません。過払い金請求は手続きをする貸金業者を選択できるので(保証会社のつながりがある場合は、状況によっては代位弁済されるので不可)、過払い金で借金を完済できる貸金業者だけを手続きすることができます。そうすることでブラックリストにのることを避けることができます。

返済後の借金も過払い金請求できる

借金を返済した後の過払い金請求はブラックリストにのる心配はありません。

以前は、過払い金請求をしたらブラックリストに事故情報がのっていましたが、平成22年に金融庁は過払い金請求をしたことを信用情報に登録することを禁止したので、現在は返済後の過払い金請求はブラックリストにのらないようになっています。

そのため、過払い金請求をしても他社のカードやローンに影響はありません。しかし、過払い金請求先のカードは基本的には利用ができなくなります。再度、過払い金請求先のカードを利用したい場合は、過払い金が手元に返ってきてから貸金業者に問い合わせてみたら良いでしょう。

過払い金請求は自分ですることもできますし、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

過払い金には期限があり、最後の取引から10年が経過すると消滅時効が成立して手続きができなくなりますし、請求先が倒産すると過払い金請求ができなくなりますので早急に手続きをする必要があります。

返済中の過払い金請求は専門家である司法書士や弁護士へ

返済中の借金の過払い金請求でお悩みの方は司法書士や弁護士へ無料相談をするべきです。

過払い金請求・借金問題を専門にしている事務所であれば、もしも過払い金が発生していなかったとしても現状をヒアリングして要望を確認したうえで最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

相談料無料で過払い金の調査・計算も無料で対応してくれる事務所もあります。

もしも計算した結果、過払い金が発生しなかった場合は費用をもらわない事務所も最近は増えています。費用については返ってきた過払い金から清算したり、過払い金が発生してない場合は借金の督促をストップしたうえで分割支払いに応じてくれる事務所もあります。

過払い金請求には期限がありますので、まずは無料相談から始められることをおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積90億5000万円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円5000万円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談も可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 借金がいくら減るか無料で診断
  •  
  • 安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ